一軒家

今流行りの狭小住宅について知ろう【快適に過ごせるのに狭い家作り】

手頃な価格で実現できます

一軒家

様々な選択肢の中で新築一戸建ての建売住宅を選べば、より自由度の高い生活環境を実現できます。中でも建売住宅なら手の届く価格帯なので、夢が実現できます。宝塚市内には利便性の良い場所にいくつもの優良な建売住宅があります。

More...

住宅探しのコツ

男の人

不動産会社とうまく付き合うことで、一戸建ての物件探しが楽になります。希望条件に幅を持たせることも大事です。最初から物件を絞り込もうとせず、幅広い物件を見比べれば、茅ヶ崎で理想の物件が見つかりやすくなります。

More...

狭くても快適な家作り

部屋

建てる時に考えたいこと

狭小住宅は狭い土地に家を建てるため、資材の運用コストや建築コストがかかりやすい傾向があります。狭さをカバーするために3階建てにするケースが多いので、3階建てにする場合の耐震機能や地盤改良がどの程度発生するのかなど、建物以外の部分のコストも視野にいれておきましょう。また、東京の密集地に住宅を建てる場合、近所との距離が近いので防犯や防音対策にも配慮する必要があります。防音・防犯以外にも、生活動線や部屋の使い方、広く見せる工夫など、狭小住宅ならではのノウハウが必要となることは多々あります。工務店を選ぶ時は、東京の土地事情に詳しく、狭小住宅のノウハウや実績をを十分に持っているか確認するようにしましょう。

利便性の高さが魅力です

東京で一戸建てを持ちたいと考えた時、ネックになるのが土地の高さです。一般的に15坪以下の土地に建てる建物である狭小住宅は、土地価格を抑えることができるので人気があります。また、東京という利便のいい土地に家を持つということは、通勤や日常生活の買い物が便利など、様々な利点があります。更に、家を建てた後の税金面でも狭小住宅はメリットがあります。固定資産税や都市計画税は保有する土地の面積で算出されるので、土地が狭ければ税金を安くおさえることができます。間取りを工夫したり、デッドスペースができないように収納を充実させたり、狭小住宅でも快適に過ごせる工夫はたくさんあります。便利な土地に住み、快適な暮らしも手に入れられるのが狭小住宅の魅力でしょう。

予算が無くても大丈夫です

室内

ローコスト住宅なら大阪でもマイホームを購入することができます。新築で建てられるローコスト住宅は多くの部材を共有化することやハウスメーカーによる分譲地の一括購入などでロストを大幅に削減しています。そのため一般的な建売住宅同様に高いクオリティのマイホームをリーズナブルな価格で購入することができます。

More...